ひよっこつばめのブログ
さんぽシリーズ

根岸森林公園

Free-PhotosによるPixabayからの画像

前々回、毎日更新を目指すと宣言しましたが、見事に頓挫しました…書くネタがないことと書けない自分にイライラしてログインすらしていませんでした。

個人的に決めたブログテーマでの更新が難しすぎたため、簿記勉強以外のことも投稿してみようかと思います…毎日勉強させてもらっている両学長の言葉を胸に、今日が人生で一番若い日と自覚し、無理のない範囲で言葉に起こしていきます。

今日は自宅周辺の癒しスポットをご紹介します。

近隣にあるワンダーランド

自宅周辺は散歩コースに困りません。ちょっと歩けば海、気分を変えたければ反対方向の丘へ向かう。その中でも特に好きなのが根岸森林公園

大好きな場所ですが到着するまでは過酷です。ひたすら階段or坂を昇るが傾斜がきつい。googleマップでは平地に見えるが実際はとんでもない傾斜です。行くまででいい運動になります。

着いたらそこにはワンダーランドが。青い空、白い雲、今の時期は芝生の緑が生えます。

東京から来た者からすると、こんなに自然豊かで、空も広くて、更に人混みもない素敵な場所があることに驚きです。東京にもいい公園はあるけど、人混みは避けられない。

 

根岸森林公園とは

ここは横浜競馬場(日本初の洋式競馬場)の跡地で、スタンドエリア付近撮影禁止です。上手い言葉が見つかりませんか、スタジオジブリの映画に出てきそうな雰囲気の建物が残っています。

広大な土地(18ヘクタール!)を活かした公園はどこへ行ってもワンダーランド。

ヤギの草刈り隊が出動するほどの広大な土地!芝生は整備がきちんとされていそうでき日向は暑いが日陰のベンチでは風が心地よい。

その心地よさを利用して青空ランチや青空読書をしてみましたが、それはもう気持ちがよくて癖になります。

自然に触れる

公園ホームページの紹介通り、四季の表情に触れるオアシスなのはまず間違いありません。春は桜が綺麗だそうで、知人複数名から花見に行くことを強く勧められました。

加えて公共交通機関を使わず自力で来ればなかなかの運動になります。ぐるっと一周して帰宅すればあっという間に1万歩弱歩いており。平地の1万歩に比べると相当な運動になります。ジムに行かずとも通うだけで足腰のいい鍛錬になります…笑

ずっと東京に住んでた身としては、こんなに素敵なところがあるのに人込みがないことに驚きです。これから家族や友人が遊びに来るので、是非紹介したいと思います。

 

 

久々にブログを書いた。書いてるうちに上手くいかずイライラも募りますが、めげずに自分のペースで更新していきます。